fbpx

日本からベトナムへの新たな投資の波

日本政府は、経済協力を促進すると同時に、有利な条件を作り、中小企業にベトナムへの投資を奨励したいと考えています。

9月25日、ハノイでの記者会見で、日本商工会議所(JCCI)の会長は、アジア地域、特にASEAN諸国が経済成長を遂げていることに気づきました。商業協力を促進する可能性がたくさんあります。

良好な政治関係、労働力、購買力の面で多くの利点…日本企業は近年ベトナムに効果的な投資を行っていますが、主にそれは大企業や企業です。そのため、日本の中小企業の代表団がベトナムに来て、市場を開拓し、協力の機会を結びつけました。

現在、ベトナムはこの分野の日本企業にとって有望な目的地の1つと見なされています。ベトナムは購買力が高まっている大きな市場であるため、日本の企業に関心を持っています。近年のベトナムの経済は非常に順調に成長しており、まともな収入のある人々の数も増えています。

岡村正氏は、ベトナムは部品の組み立てだけから現代産業に移行しているため、支援産業は両国の中小企業間の協力の可能性のある分野の1つであると強調した。輸入された部品は、国内で生産、組み立て、さらにはグローバルなサプライチェーンに参加するようになります。これは日本の中小企業が目指す強みと目標でもありますが、これらの企業は海外への投資があまりありません。

しかし、岡村正氏はまた、日本の中小企業は海外への投資経験が少ないため、ベトナム側を支援すること、特に必要な情報。

この機会に、JCCIは、企業が協力の問題に取り組み、交換する機会を創出するために、両側から300を超える企業が参加するセミナーも開催しました。

岡村正氏は、ベトナムの後、日本企業の代表団が市場と投資機会を探求するためにミアンマーに来ると付け加えた。

0/5 (0 Reviews)